人吉商工会議所 HITOYOSHI CHAMBER COMMERCE AND INDUSTRY.

↓会議所概要

↓事業紹介

↓検定案内

↓会員情報

↓お問合せ


会議所概要

商工会議所は、「商工会議所法」という法律によって組織・運営されている特殊法人で、地域の商工業者の代表として商工業の振興発展に努め、また国民経済の健全な発展に寄与するための地域総合経済団体です。

人吉商工会議所は昭和22年1月に設立され、既に61年の歴史を経ています。現在では商工業者数2,329件、会員数1,303件、特定商工業者数722件、小規模事業者数2,009件を抱えるまでに至っています。(2008年4月現在)

これまでに培ったノウハウを活かしながら、当市商工業者が抱える諸問題についての意見活動や各種事業など商工業者の総合的な改善発達に積極的に取り組んでおります。

また、近年観光地である人吉の地域特性に合わせた独自の事業も手がけており、少しずつではありますが着実に成果を上げつつあります。その中でも皆様と観光地をご一緒して詳しいご説明とルートのご案内を行う「観光案内人」の事業に関しては観光客の皆様に大変人気があり、わずかな費用で人吉球磨の観光をより深く、無駄なく楽しむことができるとご好評を頂いております。

また人吉は、伝統的な文化遺産などが色濃く残るまちであります。当所では先祖から代々受け継がれてきたこれらの文化や技を次の世代へ残していきたいと考え、「球磨川舟唄全国大会」や「全九州民謡民舞の祭典」など伝統文化の保存継承にも力を入れております。

しかしながら、若年層の都会への流出により小規模事業者における後継者問題や高齢化・少子化社会が進む中での地方小都市特有の問題も山積しております。また低迷が続く経済環境にあって、人吉の多くの商工業者もその影響を少なからず受けております。

このような時代において地元事業者の皆さんのご相談をお受けし、また適切な対策を提案できる唯一のものが商工会議所であると考え、厳しい状況にある今こそ、その活動が試される時であると感じております。

インターネット活用事業はそのソリューションの一環として取り組みをはじめました。閉鎖的になりがちな人吉の商工業を地域外の方々へ知っていただき、また個別の企業情報の掲載、特産品・観光資源およびイベントなどの情報の掲載によって、地域商工業者の事業機会の増大を目的としています。

またこれからはIT革命といわれるように情報戦略の時代であることを強く認識し、まず会議所内のイントラネット(企業内情報)の導入を行って、職員の毎日の活動を支援するシステム作りを行っています。またこれらのシステムを自ら活用していくことによって会員事業所にもそれぞれの規模に合った情報化の提案をしてまいりたいと考えています。

こういった情報化事業はまだ始まったばかりで、職員一同まだ暗中模索の状態ではありますが、地域商工業者のコンサルタントとしてより多くのソリューションをご提案できる人吉商工会議所でありたいと考えています。今後とも皆様のご指導をよろしくお願いいたします。


HOME

Copyright(C) HITOYOSHI CHAMBER OF COMMERCE AND INDUSTRY All Rights Reserved.